一般財団法人 日本救護救急財団 会員規約

第1条(会員・会員種別)
会員とは当法人の目的及びその活動に賛同する者で、当法人が別表1に定める条件を満たし入会を認めた者とする。
・学術会員:当法人の目的に賛同し、当法人の別途定める認定条件・規約で定めた者とし且つ当法人が入会を認めた個人
・一般会員:当法人の目的に賛同し所定の手続きにより申込みを行い当法人が入会を認めた医療従事資格者・消防職員である個人
・救急救命士学生会員:当法人の目的に賛同し所定の手続きにより申込みを行い当法人が入会を認めた救急救命士養成課程にある学生個人
・救護会員:当法人の目的に賛同し所定の手続きにより申し込みを行い当法人が入会を定めた医療資格のない個人、並びに一般学生。
・学校法人会員:当法人の目的に賛同し、所定の手続きにより申込みを行い当法人が入会を認めた学校法人
・法人・団体会員:当法人の目的に賛同し、所定の手続きにより申込みを行い当法人が入会を認めた法人

第2条(会員特典)
会員は個人会員・法人会員における会員種別に応じて、当法人が提供する以下の特典を利用することができるものとする。
会員は当法人が必要とした場合、その特典の提供中止または内容変更があることを予め承諾するものとする。
1. 会の発行する刊行物の頒布
2.学術報告書、文献資料等の提供または閲覧(学術会員のみ:学術に関する情報提供)
3.講演会、交流会、勉強会等への出席
4.生涯学習支援プログラムの利用
5.学術会員に対する学術研究のサポート
6.当法人が行う各会員対象にしたボランティア・救護救急活動の参加
7.学術会員に対する研究費の助成
8.海外研修等の特別研修の参加
9.入会期末に発行される会員カードの取得。(学校会員・法人・団体会員除く)

第3条(入会)
会員となる者は本規約を承認の上、当法人所定の申込手続きを終了させ、法人が指定する支払方法にて入金納入を行い
これの確認と受理をもって各種の会員登録とする。
当法人にて入会申込手続き後一定期間が経過しても入会金の納入が確認されない場合は入会申し込みの取消とする。

第4条(入会金及び年会費)
会員は当法人に対し別表2に定める入会金及び年会費を支払うものとする。
各会員年度は入会手続き月から1年間を年度とし会費の納入は年度末となる入会月前月末までに年会費を納入する。
年会費の支払い後は年度途中でもいかなる理由の退会であっても年会費の返金はしない。

第5条(登録期間・会員資格の更新)
当法人の会員は毎年度ごとにその会員資格を更新するものとする。
会員は退会の届出がない限り1年毎に自動更新とする。
但し、更新されなかった場合は会員カードを事務局に返納しなければならない。
更新期間後は再登録の扱いとなり入会期の会員カードが発行される。
尚、会員カードを紛失した場合は、速やかに事務局へ届け、再発行(手数料 1,080円)依頼を出す。

第6条(会員資格の喪失)
会員は次の各号の一に該当する場合には、その資格を喪失する。
1. 退会する場合
2. 年会費を納入せず、督促後なお会費を3ヵ月以上未納入の場合
3. 会員の死亡、失踪宣言、破産宣告を受けた場合
4. 当法人解散の場合
5. 各会員も除名となった場合

第7条(退会)
会員は、退会届を当法人に提出し、任意に退会することができる。
退会時には既納の入会金、年会費はいかなる理由があってもこれを返還しないものとする。
尚、退会手続き完了時には会員カードを事務局へ返却しなければならない。

第8条(除名)
会員が次の各号の一に該当する場合には、当法人より会員に通知の上除名することができる。
当法人特別会員は別途定める規約に従い、会員に通知の上除名することができる。
1.会費を滞納したとき
2. 当法人の規約及び規定、法律に違反したとき
3. 当法人の名誉を傷つける行為、または当法人の目的に反する行為をしたとき
4. 当法人内で知り得た情報、会員を断りもなく流用した場合
5. 当法人の活動の阻止を目的とした入会と認められた場合
6. 当法人の会員としてふさわしくないと当法人が判断したとき

第9条(会員資格の喪失に伴う権利及び義務)
会員が第6条の規定によりその資格を喪失した時は、当法人に対する権利を失い、義務を免れる。
ただし、会員がその資格を喪失しても、当法人にすでに納入した入会金及び年会費等その他の拠出金は、
理由の如何を問わず返還しないこととし、会員は未履行の義務を免れることはできないものとする。

第10条(会費の使途)
入会金及び年会費は当該事業年度における当法人の目的を達成するための各事業に使用するものとする。

第11条(個人情報の取扱)
当法人は、会員が入会時に届出た法人名、代表者、氏名、住所、電話番号、電子メールアドレス等の使途について、
別途提示する個人情報の取扱方法及び目的に基づき使用を行うものとする。

第11条(届出事項の変更)
会員は、当法人に届出た法人名、代表者、氏名、住所、電話番号、メールアドレス等に変更が生じた場合は、
遅滞なく当法人所定の方法により届出るものとする。
届出がないために当法人からの通知、送付書類その他のものが延着し、または到着しなかった場合は、
通常到着すべき時に会員に到着したものとみなします。
ただし届出を行わなかった事由について止むを得ない事情がある場合にはこの限りではないものとする。

第12条(電話又はインターネット等による取引等)
会員は当法人が定める所定のサービス及び特典等の申込み、年会費支払等、当法人への問い合わせ及び各種の届出等を
電話又はインターネット等によって行うことができるものとする。

第13条(管轄裁判所)
本規約を巡る一切の紛争は東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とする。


附則
本会員規約は平成26年3月10日より施行する。
平成26年3月1日改定
一般財団法人 日本救護救急財団
代表理事  喜熨斗 智也

会 員 規 約 別 表 


【別表1】(会員種別)*平成26年4月1日より実施
会 員 種 別 


 学 術 会 員  病院前救護・医療に関して専門的な知識を要する救急救命士、医師、看護師等の
医療資格者の個人、並びに、初期救護に携わる法人・団体に所属する個人。
 一般 会 員  日本救護救急財団の会員を希望する医療従事資格者並びに消防職員の個人。
 救急救命士学生会員   学校法人会員以外の救急救命士養成学校法人の学生。
 尚、社会人大学院生、救急救命士資格を有する学生は登録できません。
 救 護 会 員  ファーストレスポンーになりうる非医療資格の一般会員、(一般学生含む)
 尚、救急救命士資格を所有する方、医療資格を有する方は登録できません
 学 校 法 人 会 員   全国救急救命士教育施設協議会に所属する学校法人。
 なお、学校法人会員に所属する学生は個人会員の一部特典を受けられる。 
 法 人・団 体 会 員  学校法人以外の法人格並びに救護関係団体


【別表2】(入会金:年会費)
【会員種別ごとの入会金・年会費】(*平成26年4月1日より実施)

 学術会員   入会金:不要 / 年会費 11,000円(税込)
 一般会会員   入会金:不要 / 年会費 5,500円 (税込)
 救急救命士学生会員   入会金:不要 / 年会費 3,500円 (税込)
 救護会員   入会金:不要 / 年会費 3,500円 (税込)
 学校法人会員   入会金:不要 / 年会費 35,000円(税込)
 法人・団体会員   入会金:11,000円(税込) / 年会費 35,000円(税込)
(*平成26年4月1日より実施。)




 お 問 合 せ は ・・・



 





財団事業のご案内

救急救命士チャレンジサイト

初期救護者のための95サイト

一般社団法人 日本救護救急学会

「減らせ突然死プロジェクト」

 会員専用サイト

 現在、募集中の講習会 

 各種救護事業のご依頼

財団内講師派遣

各種会員募集

各種お支払・手続き

日本救護救急財団公式Facebook